2/11(水祝)加美TM(U9、U10)

加美TM
■日程
2015年2月11日(水祝)
■カテゴリー
ジュニアクラスU−9
選手クラスU−10
■会場
加美青少年運動広場
■結果
正覚寺A 4-5 柏田SC    
【得点】赤阪、後呂、高橋、服部
正覚寺A 2-2 柏田SC   
【得点】長谷2
正覚寺A 2-2 柏田SC    
【得点】長谷2
正覚寺A 0-5 柏田SC
正覚寺A 0-5 柏田SC
正覚寺A 1-2 柏田SC    
【得点】服部

正覚寺B 0-7 柏田SC
正覚寺B 2-4 柏田SC    
【得点】犬上、小谷
正覚寺B 1-6 柏田SC 
【得点】中川
正覚寺B 2-5 柏田SC
【得点】浅倉、小谷
正覚寺B 3-5 柏田SC
【得点】浅倉、松本、森
正覚寺B 0-3 柏田SC

■担当コーチ
荒毛
■コメント
攻撃の時は、人数もかけてみんなで点をとりに行こうとゆう気持ちが出ていました!!
しかし守備では、人任せにして強くも当たれないし、必死についていくこともしない…
それではやはり失点してしまいますね。
「強くしつこく、さらに自分が相手を止める」ぐらいの気持ちをプレーで見せれるようになろう!!

2/15(日)都南東市FC招待TM(4年生)

 都南東市FC招待TM

■日程

2015年2月15日(日)

■カテゴリー

選手クラスU10

■会場

奈良市立東市小学校

■結果

正覚寺 1−0 JUMP

【得点】兵藤

正覚寺 0−1 都南東市FC

正覚寺 0−6 EXE90FC

正覚寺 7−0 アーヴォリ

【得点】赤野、神田2、後呂、藤本、兵藤、新井


■担当コーチ

二村

■コメント

奈良県の都南東市FCさん主催のトレーニングマッチに招待していただきました。

都南東市FCの監督さんには20年近く前からお世話になっております。今回もご招待ありがとうございました。


今回は4年生名古屋遠征参加者以外のメンバー18名で試合に臨みましました。

メンバーは全試合リフティングで決定しました。

(回数が多い9名が前半、少ない9名が後半)

全試合、メンバーが数名入れ替わり、楽しかったです。合間の時間もほとんどの選手が自主的にリフティングを頑張っていました。やらされているのではなく自主的に頑張る…みていて気持ちがいい光景です。この日参加したした選手達は、気持ち、技術、全てにおいてレベルアップしたのではないでしょうか。


試合の内容も前半組、後半組ともに良く動き、ボールに執着して、とても頑張っていました。全員の集中力も非常に高かったです。ベンチからたくさんの声も出て、雰囲気がすごく良かったです。リュウトが見違える動きをしていました。継続して頑張ってほしいです。


全員ですが、もう少しボールが蹴れるようになれば、もっと得点シーンがも増え、失点シーンが減ります。もっとキック練習をしましょう!蹴ることは足を使うスポーツ、サッカーの基本です。


3試合目のEXEは強かったね…

君たちとの差は何かな?対戦して何を感じたかな?



2/14(土)4種リーグ(U10選抜)

4種リーグ

■日程

2015年2月14日(土)

■カテゴリー

選手クラスU10選抜

■会場

J-GREEN堺

■結果

正覚寺 0−1 グラシオン(交流戦)

正覚寺 1−0 FC平野(リーグ2巡目)

【得点】東野

正覚寺 1−2 FC淀川(リーグ2巡目)

【得点】林

正覚寺 3−0 MADORIDISMO(リーグ2巡目)

【得点】金沢、林、小山


■担当コーチ

二村

■コメント

先週に引き続き、4年生名古屋遠征メンバーでの試合です。

土曜日授業の為、少ないメンバーでのリーグ戦参加となりました。

朝から3試合についてはコメントしづらいくらい酷い内容でした。一見、一生懸命頑張っているように映るのですが、全くそうではありません。言い方を変えれば、ボールが目の前に来た時だけ必死で頑張っている、という状況です…

ボールが来る前の準備や予測…

ほとんどの選手がボールのないところでのしんどい仕事を全くしていません。その仕事をサボっているというより、気付いていない、気付こうとしていない。

ボールがないところの動きの工夫や駆け引きが『サッカーの楽しさ』のひとつです。

選手全員がそのことに早く気付いてほしいと思います。指導者としてももっと伝えなければと感じました。

最終試合の前に『これではいけない!』と話をしました。

そこから選手達自身が変わってくれたのか、最終試合は見違えるような内容となりました。準備の動きも少し意識し始めました。

内容が良かったのは、遅れてGKのミズキが合流したこともあるかもしれません。ミズキの前へ出る判断、シュートストップが非常に良かった。GKが良いと試合がピリッとしまります。サッカーの試合においてGKの役割は本当に重要だと実感しました。


ちなみにこの日、隣のピッチではチビリン中央大会が行われていました。現時点の大阪の4年生のベスト16です。正覚寺FCはチビリンにはエントリーしていません。

リーグ戦の合間に観戦しましたが、一番感じたみんなとの違いは選手達の雰囲気です。大きな公式戦なので当然といえば当然なのですが…でも大会の大小や重みでなく、常にあんな雰囲気で試合をしてほしいと強く感じました。

『リーグ戦2巡目だからゆるい』

『TMだからゆるい』

『チビリン中央大会だからとても集中している』

果たしてこれは正しいのでしょうか?絶対にそうではありません。

TMだからってゆるくなっている選手は、きっと大きな公式戦で頑張ろうと思っても力は発揮できません。本当にサッカーが好きなら、本当に負けず嫌いなら、大会の大小など関係なく、常に同じスピリットで試合に臨むはずです。

それを繰り返している選手の中に、大きな夢が叶う選手がいるのではないでしょうか…

それは間違いないと思います。








2/8(日)totoサッカーフェスティバルU-10(U10選抜)

totoサッカーフェスティバル 

■日程

2015年2月8日(日)

■カテゴリー

選手クラスU10選抜

■会場

服部緑地人工場サッカー場

■結果

予選リーグ

正覚寺 1−0 アイリスFC住吉

【得点】吉村

正覚寺 1−2 山田くらぶ

【得点】東野


※予選2位通過


準決勝

正覚寺 4−0 吹田南FC

【得点】吉村2、梅山、金谷

決勝

正覚寺 1−1 山田くらぶ

 (PK 5-4)

【得点】金谷


※結果 優勝!


交流戦

正覚寺 0−3 アイリスFC住吉


■担当コーチ

二村

■コメント

服部緑地人工芝グランドで開催された大会にU-10選抜メンバー(名古屋遠征メンバー)で参加しました。環境は最高でした。

予選リーグ、第1試合は素晴らしい内容でした!相手は大阪で優勝する力のあるチームです。

相手は珍しくミスを連発していたこともありますが、堂々の戦いぶりだったと思います。

相手よりたくさん走り、相手よりセカンドボールへの反応が早かったです。気持ちも強かった。あとは技術を磨き、もう少しサッカーを理解すれば、とても良い選手・良いチームになれると感じました。


ところが、交流戦も含めてその後の4試合は全く別のチームになってしまいました…

継続できない悪いクセ…

あんなにも急に運動量が少なくなり、あんなにも急に反応が遅くなるものなのか…?と、少しビックリしました。

中には最後まで継続できていた選手もいましたよ。

ただし、その割合が少なすぎる…


結果的に優勝となりましたが、『運』が味方をしてくれただけで、内容に納得できるものではありませんでした。実際にやっている選手達自身も感じていると思います。

今後、内容、結果ともに、優勝に相応しいゲームをみせてほしいです。


選手全員が最後まで継続できるメンタルを身につけよう!

名古屋遠征ではガッツリ鍛えます!




2/7(土)エストレア招待TM(U-11選抜)

 エストレア招待TM 

■日程

2015年2月7日(土)

■カテゴリー

選手クラスU11選抜

■会場

白鷺公園グランド

■結果

正覚寺 0−1 エルマーノ

正覚寺 1−0 エストレア

【得点】東野

正覚寺 2−0 エルマーノ

【得点】松田、井上

正覚寺 1−2 エストレア

【得点】長谷

■担当コーチ

二村

■コメント

エストレアFCさんのトレーニングマッチに招待していただきました。

相手はエストレアFCさんと小学生大会で対戦したエルマーノさん。

前回は良いゲームをしましたが、この日の対戦はどう感じましたか?


今は大きなテーマとして、『キックの質』と『ボールを動かす』ことに取り組んでいます。

この日もキックの質に関してはあまり変化はなかったように感じます。まだまだ積み重ねが必要です。コツコツしかありません。努力は裏切らない!

ボールを動かすことに関しては少しずつ良くなってきています。

今までは常に足元にボールを止めてしまい、相手選手をプレーエリアに入れてしまう場面が多々見られましたが、少しずつ改善されています。スペースを上手く使い常にボールを動かして相手につかまらないようにゴールを目指す。なにも自分で運んでボールを動かすだけではなく、フリーの選手やスペースへどんどんパスを送ることも『ボールを動かしている』ということなんですよ。

常に相手に『ボール』がつかまらないようにすれば良い。ボールは1個しかないのだから。


残念だけど、『良かった』と思えるプレーが一つありました。

2試合目に途中合流したエストレアFCの身体が大きく能力の高いエース(多分ですが…)の選手。その選手に対してアツキがペナルティアリア内でビビッて、遅れてアプローチし、足に行ってしまいファウル。PKをミズキがはじき、アツキの前へこぼれたがまたビビり、ボールに行かずまたもや同じ選手(エース)に押し込まれ失点。

2回もビビったのはあり得ないよね…自分自身も一生後悔するプレーですよね。

試合後アツキは泣いていました。とても後悔していました。

とても良い経験です…最高の経験です…

彼にとっては本当に良かったと思います。

人はこういう経験がないと覚えません。

これで彼はこんなプレーをすることは二度とないでしょう。

今後の彼の飛躍に期待しています!


選手全員、失敗から学ぼう!



2/8(日)totoサッカーフェスティバル(U8)

totoサッカーフェスティバル
■日程
2015年2月8日(日)
■カテゴリー
ジュニアクラスU−8
■会場
服部緑地公園人工芝サッカー場
■結果
予選リーグ
正覚寺 1−2 JUMP FC
【得点】竹村
正覚寺 7−0 Lif FC 
【得点】竹村4、松井、松谷2
正覚寺 3−2 三宝JSC
【得点】竹村2、吉田
予選リーグ2位通過

※順位決定戦
正覚寺 4−0 春日サントスFC
【得点】竹村3、松谷

※結果 3位
■担当コーチ
久場
■コメント
3試合目の試合、強い相手にみんなすごく頑張って戦っていました。
必死に頑張って勝ったらすごく楽しいですよね??
どの試合でも頑張れるようになりましょう!!
後は、たくさんチャンスの場面がありましたが、なかなか得点できませんでしたね。シュートの練習もたくさんしていこう!!


2/7(土)アイリスFC住吉招待TM(U10、U11)

アイリスFC住吉招待TM
■日程
2015年2月7日(土)
■カテゴリー
選手クラスU−10、U−11
■会場
南津守さくら公園グランド
■結果
正覚寺 0−4 アイリスFC住吉
正覚寺 2−3 大阪住吉
【得点】本田、荒木
正覚寺 0−3 アイリスFC住吉
正覚寺 0−1 アイリスFC住吉
正覚寺 0−0 大阪住吉

■担当コーチ
久場
■コメント
みんな、すごく頑張っていました。1試合目の前半は全然ダメでしたが。。
崩してからのすごくいい得点の場面もありました。

頑張ることはできていました。後は、しっかり技術もつけていきましょう。これは、何度も何度も練習するしかありません!!
意識高く練習に取り組んでいきましょう!!

2/4(水)SC大阪エルマーノ招待TM(U12)

SC大阪エルマーノ招待TM
■日程
2015年2月4日(水)
■カテゴリー
選手クラスU−12
■会場
大阪産業大学付属高校
■結果
正覚寺 0−4 SC大阪エルマーノU13
正覚寺 1−5 SC大阪エルマーノU13
【得点】利倉
正覚寺 1−1 SC大阪エルマーノU13
【得点】南
正覚寺 0−2 SC大阪エルマーノU13

■担当コーチ
久場
■コメント
自分たちより、能力の高い相手にどう戦うのか。すごくいいトレーニングマッチになりましたね。

自分たちより、能力が高い相手なら、もっと早く動きだし、相手選手より早く反応しなければ勝てません。もっと予測と準備を早くしていきましょう!!
後は、ゴール前でもっと体をはれないと得点されてしまいます。
体のどこに当ててでも、守るくらいの気持ちで守備をしなければ得点されてしまいます。もっと、体をはって守備をしよう!!

1/31(土)大阪市長杯(U12)

大阪市長杯
■日程
2015年1月31日
■カテゴリー
選手クラスU−12
■会場
舞洲総合運動場
■結果
正覚寺 0―2 友渕JSC
■担当コーチ
久場
■コメント
結果、内容ともに残念な試合になってしまいました。
チャンスは何度もありましたが、フィニッシュの精度が悪すぎて、決めることができませんでしたね。サッカーは、チャンスが多くても決めきることが出来なければ勝てません。

正覚寺のメンバーでサッカーが出来るのも、ほんとにもう少しです。
もう一度切り替えて、しっかり意識を高くもって取り組んでいきましょう!!

3・4年播磨遠征

 16時40分、三木サービスエリアを出発しました。

加美グランド到着予定時刻は、18時10分頃です、


カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

新着情報

情報の種類

月別アーカイブ

公式ホームページ

サイト内検索

管理者専用

QRコード

qrcode

(スマホ利用者用)
PC表示→スマホ表示へ変更する