U-12トップ MUFGカップ大阪市予選 代表決定トーナメント

MUFGカップ大阪市予選 代表決定トナーメント

■日程
2016年1月9日(土)、11日(月祝)

■会場
J-GREEN堺、巽公園グランド

■結果
トーナメント1回戦
vs エルマーノ
0-1

敗者戦1回戦
vs 住吉大社SC
2-1 【得点】東野、浜元

決定戦
vs 大阪市ジュネッス
0-1

■担当コーチ
二村

■コメント
トップチーム6年生にとっては最後の公式戦となりましたが、残念ながら決定戦で敗れてしまいました。みんな頑張っていたと思います。
今年度のトップチームは全ての公式戦において、あと一歩のところで大阪市地区予選を突破することができませんでした。大阪市地区は激戦区です。大阪市地区を勝ち上がるのは本当に難しい。クジ運なんてほとんど関係ない。予選のどこかで中央大会で通用するような力のあるチームが必ず出てくる。そんな中でもまれた経験が財産だと感じています。
トップチームの選手全員が様々な経験を積むことができた1年だったのではないでしょうか…
ピッチに立って実際に起こった成功、失敗の経験。独特の緊張感。ベンチで観て感じた客観的な視点と悔しい経験。勝った瞬間の高揚感、負けた瞬間の絶望感。
ほぼ1年間続いた公式戦での上記のような経験。その経験の中で、今までのトップチームにはないくらいの伸び幅を示してくれました。成長を観るのが楽しかったです。

反面、試合に帯同できなかったサテライトチームの6年生には指導者として申し訳ない気持ちでいっぱいです。もっと、緊張感いっぱいの経験をさせてやれる場を作ってあげたかったなと…
その選手達に対して、トップチームの選手達は『指導者』のような『申し訳ない』気持ちは必要ありません。実力の世界ですから。ただし、そのメンバーを含めたチーム全員の中から自分が選ばれて戦う責任感を感じていなければいけません。自分たちが何気なく活動してきた場に選ばれていない選手もたくさんいること、その選手達の気持ちを絶対に忘れてはいけません。それを感じとることができない選手はこの先、中学、高校、その後のどこかで必ずくる挫折を乗り越えられないでしょう…
勘違いしている選手がいたらダメなので言っておきます。
今年、地区予選で勝ちきれなかったこと…なんて、なんの挫折でもない!
トップチームに選ばれてベンチが多かったこと…なんて、この先くるであろう努力が必要な状況に比べれば、なんの挫折でもない!
ちゃんと理解してくれている選手ばかりだと信じています。

今年度、残りの約2ヶ月半。学年単位の活動、試合が増えると思います。
それぞれが今までの経験を活かし、前を向いて、先を見据えて活動しましょう。この先のステージで輝くために。
今月から始まる『大阪市長杯』は6年生のみで臨みます。トップチームの6年生がどれだけ引っ張っていけるか…見ものです!


カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

新着情報

情報の種類

月別アーカイブ

公式ホームページ

サイト内検索

管理者専用

QRコード

qrcode

(スマホ利用者用)
PC表示→スマホ表示へ変更する