11/9(土)U-12トップ1st 全日中央大会決定トーナメント

■日程

2019年11月9日(土)


■会場

南津守さくら公園人工芝


■試合結果

全日中央大会決定トーナメント

準決勝

vs 大和田SSC

1-1【得点】大久保

(PK 3-2)

決勝

vs ボヘミア大阪

1-2【得点】安治


※大阪市地区予選敗退


■担当コーチ

二村


■コメント

小学生年代で一番大きな大会、

全日本少年サッカー大会の予選が終わりました。

準決勝、大和田戦の激闘をPK戦で征し、

決勝に臨みましたが、力及ばず敗退となりました。

中央大会での大きな目標を掲げていましたが、

地区予選の壁を突破できませんでした。


独特な緊張感、硬い雰囲気の中、

選手達は最後まで諦めずよく頑張ってくれました。

身体は小さいけれど力のある良い選手達。

中央大会のステージにあげてやれなかったのは

全て指導者の責任です。

選手起用、交代のタイミング、的確な声掛け、

モチベーションアップや選手達の背中を押してやる

雰囲気作り。考えれば考えるほど後悔が残ります。

持っている技術、判断力を大事な場面で活かして

やれませんでした。

信じてくれていた選手達や保護者の皆様には、

申し訳ない気持ちでいっぱいです…


応援に駆けつけてくれた下級生やOB、

その保護者の皆様、また他チーム指導者の皆様。

本当にありがとうございました。

温かい応援が選手達の力になったのは

言うまでもありません。

決勝前に選手、OB、保護者、皆で組んだ

大円陣は忘れません!


小学生年代に行われる長く一番大きな大会は終了

しましたが、チームでの活動はあと5ヶ月続きます。

勝っても負けてもこの大会はあくまで通過点。

それが育成年代のサッカーです。

この5ヶ月間で新たな刺激も沢山あるでしょう。

中学生年代へのベース作りになる時期でもあります。

新たな目標に向けて気持ちを切り替え、

頑張っていきましょう!



≪諦めずに頑張ってくれた15名の選手達≫

●リュウヘイ(GK)

唯一のGK。代わりが利かず絶対に離脱できない中、

一度もケガなくここまでゴールマウスを守り続けて

くれた事が一番の功績です。リュウヘイのおかげて

救われた試合も数多くありました。

●フウシ(DF)

やはりチームで一番闘ってくれました。

どんな場面でも一切引くことなくボールにチャレンジし

幾度となくピンチを回避。これは君にしかできません。

●ソウタ(DF)

最終ラインで常にプレッシャーを感じながら

よく身体を張って頑張ってくれました。

成長しましたね。

●ルキヤ(DF)

最後にメンバー入りし最初は雰囲気に戸惑う様子も

ありましたが、抜群の適応力ですぐに馴染んで

くれました。

●リョウ(DF)

我がチームで唯一身体の大きな選手。

大事な時期にケガで泣きましたがトーナメント最後

には復帰。もっとやってほしかった…

●ルイキ(MF)

小さい身体ですがそれを補う技術、判断力を

持ち合わせている選手。チームが良いゲームをする時は

必ずルイキが良い時。今後もその自覚を持って。

●スバル(MF)

人とは違うリズム、センス溢れるプレーが魅力です。

持っている力を試合で出し切る事の難しさを、

ずっと感じていましたね。今後の課題だね。

●トウマ(MF)

試合を決定づけるプレーを沢山魅せてくれました。

体力、集中力もついてきて、

たくましく成長してくれました。

●リクト(MF)

夏以降の伸び率はチームで1。

トーナメントこそあまり出場させてやれなかったけど、

確実に成長しています。

●カイ(MF)

キャプテンとしてチームを引っ張ってくれました。

キレのあるドリブルで相手を切り裂くプレーが魅力。

試合中だけでなく普段からサッカーに向き合う真摯な

取り組みはみんなのお手本です。

●クウト(MF)

小さい身体で頑張ってくれました。

途中出場からの得点率はチーム1。

トーナメント決勝はクウトを信じてもっと時間を

与えてやれば良かった…ごめん。

●レオ(MF)

高い技術を持ち合わている選手。

トーナメントでは出場機会を与えてやれなかったけど、

ベンチでの姿勢、試合後の涙はチームで一番闘っていた

という証。今後絶対に伸びる選手。

●ヤマト(FW)

点を取らなければならないプレッシャーと

常に戦っていたと思います。

抜群のスピードを中央大会でも見たかった。

●ツバサ(FW)

身体は小さいけど最近プレーのキレが増してきました。

もっとトーナメントで機会を与えてやりたかったと

後悔しています。ツバサはどんな局面でも我慢強く

コツコツ頑張れる選手。今後も自信を持って取り組もう。

●ヨシキ(FW)

トーナメント直前にアクシデントで大きなケガ。

本人が一番辛いと思います。

安静が必要な中、会場まで応援に来てくれ、

気持ちの強さが伝わります。

回復したら思いきり頑張ろう。



カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

新着情報

情報の種類

月別アーカイブ

公式ホームページ

サイト内検索

管理者専用

QRコード

qrcode

(スマホ利用者用)
PC表示→スマホ表示へ変更する