6/8(土)U-12トップ1st 全日リーグ大阪市

■日程
2019年6月8日(土)

■会場
J-GREEN堺S16

■試合結果
vs プリモ
0-1

■担当コーチ
二村

■コメント
18期生の『弱さ』の本質がよくわかった試合。
特に下記の様な場面…

仝緘哨▲妊ショナルタイム
4種年代の試合では珍しく、
長い長いアディショナルタイム(約4分)。
正覚寺のCKが数本続きました。
応援の人達の盛り上がりをよそに、
ピッチにいる肝心の選手達はなかなか
ボールに飛び込まない。頭を引っ込める。
やるしかない状況なのに…
身体のどこかに当ててねじ込めば同点なのに…

∩瓦討了間帯
1対1をはがせばシュートが打てる。
そんな場面でも必ず『迷い』が先に勝つ。
積極的な仕掛けで先手をとる選手は
誰もいなかった。

フリーキック・シュートのシーン
相手の壁やブロックを避けるような逃げた
キックばかり。相手に当ててでもゴールに
ねじ込むようなヤンチャなイメージは
誰ももっていない…


残念ながら、18期生はまだ、
『本物の負けず嫌い』ではないよう。
本当に負けず嫌いな選手達であれば、
あり得ないようなピッチ上での姿。
失敗してもチャレンジだけはしてほしい…
いくら失点の場面を分析しても、
いくらミーティングで話し合っても、
ピッチに立った時の選手一人ひとりの
『心』が変わらないと全く意味がない。

自分に自信を取り戻すのも大切だけど、
『負けず嫌い』の『心』を育てる方が先かな…


カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

新着情報

情報の種類

月別アーカイブ

公式ホームページ

サイト内検索

管理者専用

QRコード

qrcode

(スマホ利用者用)
PC表示→スマホ表示へ変更する