9/19(土)5年生1st ポルベニル長月杯U11

◼日程
2020年9月19日(土)

◼カテゴリー
選手クラスU11・1st

◼会場
橿原運動公園ヤタガラスフィールド

◼結果
12分ハーフ
予選リーグ
vsセンアーノ神戸B
2-1【得点】平井、四橋

vs C.F.Encanto
8-0【得点】新井2、平井、山田4、四橋

予選1位、決勝戦へ

vsセンアーノ神戸A
0-2

交流戦
vsガンバ堺
3-2【得点】平井、四橋、山田

vsセンアーノ神戸
0-4

◼担当コーチ
道林

◼コメント
1対1の守備において、奪うこと、対応してついていくことに関しては少しずつできるようになってきています。

課題は奪ってからのプレーです。奪ったボールをすぐに相手に渡してしまうシーンが多かったです。
ボールを奪った時に、場面場面で、「そのままゴールへ向かうのか」「ボールを保持し、攻撃をやり直すのか」を判断する必要があります。

今は判断の無い状態。
なんとなく目の前の相手だけを観て、とりあえずボールを蹴るか、運ぶかをしているだけです。

判断するために考える要素は、「時間帯」「場所」「スコア」「味方」「相手」です。
まずみんなには、場所によってプレーを変えられるようになって欲しいです。
先ずは日々の取り組みから!

9/13(日)ポルベニル長月杯(U9)

◾日程
2020年9月13日(日)

◾カテゴリー
ジュニアクラスU-9 選抜メンバー

◾会場
ヤタガラスフィールド

◾結果
予選リーグ
vs ポルベニル
14-0【得点】戌谷2、和島2、田中3、山下、加藤、兵藤2、江嶋、川本2
vs 御蔵山グーニーズ
12-1【得点】江嶋、和島2、田中、橋口、兵藤3、戌谷、川本2、鈴木

予選リーグ1位通過
決勝戦
vs 斑鳩FC
6-1【得点】鈴木、川本、山下、加藤、田中、兵藤

※結果 優勝

交流戦
vs カシハラ
11-0【得点】川本2、橋口、鈴木、江嶋、田中、和島3、山下2


◾担当コーチ
久場

◾コメント
優勝おめでとう!!

久しぶりにみんなを担当して見ましたが、すごく上手くなっていました。
少し気になったのは、ポジションを意識し過ぎていることです。何故その場所にいた方がいいのか?いつその準備をするのか?など、しっかり意味を理解しながらプレーできるようになっていきましょう!!

後は、相手ゴール前でギリギリまで判断をすること。自分がゴールをとらなくても、素晴らしいプレーは沢山ありますよ。
サッカーは、ゴールを決めた選手だけが評価されるスポーツではありません。
たくさん考え、サッカーの理解を深めていきましょう!!

9/12(土)6年1st 大和田SSC招待TM

■日程
2020年9月12日(土)

■会場
中島グランド

■試合結果
vs 大和田SSC
0-1
3-0【得点】兵藤2、金沢(瞭)

vs 小田FC
1-1【得点】平谷
0-0

■担当コーチ
二村

■コメント
この大事な時期に全くといっていいほど
調子が上がってこない…
そんなチーム状況を心配し大和田の監督さんが
試合を組んでくれました。
いつもお世話になりありがとうございました。
この試合が何かのきっかけとなればと思います。


失点…
あまりに軽く考えすぎです。

最後に、
剥がされた選手。
シュートを打たせてしまった選手。
ポジショニングが悪くウラをとられた選手。

当然、その対応そのものも悪いのですが、
もっと最悪なのが、失点に絡んだCB・GKだけ
の責任のようなイメージを持ってしまって
いる選手達。
そんな集団が今の状況を作り上げています。
口に出して『お前のせい!』と言っちゃう選手
はこのチームにはいません。
でもどこかで『今のは俺には関係ない…』って
思っちゃってる選手がほとんど…

サッカーってそんなものじゃない。

前線からのプレスのかけ方は?
常に相手に良い縦パスを入れさせているFW、MFは?
相手に簡単に前を向かせているのでは?
ボールの失い方は?
攻撃の終わり方は?

そりゃ、後ろの選手に負担がかかって当然。

能力が高く、アジリティに優れている。
そんな選手が後ろで待ち構えていれば、
一人で守れます。
でもそれは小学生年代だけの話。
しかもそんな能力の高い選手はうちにはいない。

この年代で正しいサッカーを覚える!
指導者としてもう少ししっかり伝えます。

9/12(土)4年生2nd 招待TM

・日程
2020年9月12日(土)

・カテゴリー
選手クラスU-10

・会場
大阪市立鷹合小学校

・結果
15分1本
vs ROROZO
0-1
vs SOLO.NAKANO FC
2-4
得点者 本田、澤田
vs ROROZO
1-7
得点者 小野
vs SOLO.NAKANO FC
0-2
vs ROROZO
0-2
vs SOLO.NAKANO FC
2-1
得点者 齋藤、廣野

・担当コーチ
吉田

・コメント
今回は6人制といういつもと違う試合方式で試合をしました。
常に全員が頑張るという姿勢がなかった印象でした。

練習からコーチが言っている
・ディフェンスを強くいく
・相手より走る

今のみんなに一番必要なことです。
それが最期の試合で出場したメンバーができていたことで勝利したのだと思います。
みんなは意識すえばディフェンスに強くいってボールを奪えます。
それをどの試合でもできるようになりましょう。

試合のことだけではなくチームに必要なものを自分たちで準備できる力を一人一人が持ってほしい。
だれかがやってくれるではなく、自分からチームのために仕切って動いてくれる選手が今の四年生には必要です。
一人でも多くそのような選手が出てくることを期待しています。

9/13(日)5年生2nd加美TM

◼日程
2020年9月13(日)

◼カテゴリー
選手クラスU11・2nd

◼会場
加美グランド

◼結果
vsCAOS
0-1
vsイーリス生野
1-2【得点】小嶺

◼担当コーチ
森山

◼コメント
結果としては勝てなかった2試合になってしまいました。ですが相手ゴール前に迫るシーンは何度かあり、みんなの技術の部分を改善できれば勝つことができるはずです。
今日、特に課題となったのは止める、蹴るの技術ですね。
15分の間にパスが成功したのは10回も無い。
その10回も狙ったキックではなくたまたま成功したようなものばかりでした、それではいい攻撃などできませんね。
奪ったボール、転がってきたボールをしっかりと止める、狙ったところに蹴る、この技術をもっと意識して良くしていきましょう!

もちろん守備のことも継続していきましょう!

9/13(日)5年1st 加美TM

◼日程
2020年9月13日(日)

◼カテゴリー
選手クラスU11・1st

◼会場
加美青少年運動広場

◼結果
15分ハーフ
vsイーリス生野
2-1【得点】田中、坂本

vsCAOS FC
0-0

◼担当コーチ
道林

◼コメント
ここ最近、無駄な失点は少しずつ減っています。
しかし、決してピンチの数は減っていません。
まだまだ、防げるはずなのに攻め立てられる機会が多いです。
何故失点が減ったかと言うと、ギリギリで身体を張ったり、一つ踏ん張れるシーンが増えたからです。

そこは素晴らしい事です。
しかし、理想の守備とは言えませんよね。
サッカーは攻撃と守備が一体となっていて、常に連続しています。
ボールの奪う位置や奪い方によって、攻撃も変わります。
理想は、「前向きで」「ゴールに近い位置」でボールを奪える事です。
前向きでゴールに近い位置であれば、そのままシュートのチャンスに近づけますよね。

常にそうとは限りませんが、1人目の追い込み、2人目の狙い等といった、グループで奪う意識が大切です。
そのための声かけ、鋭い寄せと狙いです。
苦手な部分ですが、さらにチャレンジしていきましょう!

本日の5年生加美TM、保護者説明会は行います

本日、9/13(日)5年生加美TM、夕方からの保護者説明会は行います。
今後、急な雨等ありましたら再度ブログに情報を更新致します。

雨天中止のお知らせ(キッズフィールド、2〜4年)

本日、9/13(日)キッズフィールド、2〜4年加美TMは雨天の為中止となりました。

3年選抜ポルベニル長月杯は現在のところ開催予定です。
午後からの5年加美TM、夕方以降の保護者説明会につきましては、天候・グランド状況をみて後ほど決定いたします。

9/12(土)5年1st サタデーナイター

◼日程
2020年9月12日(土)

◼カテゴリー
選手クラスU11・1st

◼会場
加美青少年運動広場

◼結果
15分ハーフ
vs大阪狭山SC
1-2
【得点】新井
4-1
【得点】四橋2、恵井、田中

◼担当コーチ
道林

◼コメント
前回の4種リーグに続き、良い取り組みが出来ました!
このままモチベーションを維持し、さらにレベルアップに励みたい所です。

今日は攻撃のスイッチの話をしました。
どんな時に攻撃のスイッチが入るのか。
スイッチが入った時、ボールを持ってる/持っていないプレーヤーはどういう行動をすべきかを整理してください。
今日はスイッチが入った時に積極的なアクションから良いゴールが、生まれました!

改善すべきプレーはもちろん、良かったプレーも、それが何故良かったか?を考え、再現できるようにしましょう。
何度も言いますが、とにかく継続!
1試合1試合、1プレー1プレーです!

9/12(土)6年生2nd 第9回旭区民少年サッカー大会

◼日程
2020年9月12日(日)

◼カテゴリー
選手クラスU12・2nd

◼会場
旭公園グランド

◼結果
8チームトーナメント
15分ハーフ
vs赤坂台JSC
2-0【得点】橋本、竹中

vsディアブロッサ大阪
2-2(PK3-1)【得点】宮本2

vs友渕JSC
0-0(4-3)

※結果、8チーム中優勝!

◼担当コーチ
道林

◼コメント
苦しい試合が続きましたが、みんな、よく粘りました!上手く事行かない時間帯もありましたが、何とか持ち堪え、優勝に繋がりました。
日頃の取り組み、厳しい経験が少しずつ活きてるんだと思います。
この調子で日頃から厳しく、思い切りサッカーに取り組んでいきましょう!

ただ、1日通じて、全てにおいて良かったとは言えませんよね。
改善点は沢山ありますよね。
特に1試合目の前半のような試合は無くしていかないといけませんね。

みんな間違いなくレベルアップしています。
全日に向けて、良い取り組みを続けていきましょう!
みんな、優勝おめでとう!


カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

新着情報

情報の種類

月別アーカイブ

公式ホームページ

サイト内検索

管理者専用

QRコード

qrcode

(スマホ利用者用)
PC表示→スマホ表示へ変更する